熊谷市の小児歯科「ひかりキッズランド」で楽しく歯医者に通うクセをつけよう!

  • 中
  • 大

 048-522-8518

WEB診療予約

  • なんで予防が大事なの?
  • 歯医者に通うクセをつけよう!
  • ガタガタ歯並びをキレイに★
  • 歯を削らずにむし歯を治そう♪
  • 大好きなおやつにも意味があるよ★

歯医者に通うクセをつけよう♪

子どものころの習慣が将来のお口の健康を左右します

子どものころの習慣が将来のお口の健康を左右します

「乳歯は生え替わるから、虫歯になっても平気でしょ?」と思っている人がたくさんいます。しかしこれは大きな間違いなんです! 虫歯になった乳歯が生え替わっても、お口の中には虫歯菌がたくさん。そのままだと永久歯も虫歯になってしまいます。乳歯のころからのお口のケアや習慣に注意して、虫歯になっても放っておかずに小児歯科できちんと治療を受けることが大切です。子どものころから、歯医者さんに通うクセをつけましょう☆ お口のテーマパーク「ひかりキッズランド」を運営する熊谷のひかり歯科クリニックでは、保育士免許を持った歯科衛生士が、お子さまの歯の健康を守ります!

乳歯が完成する3歳までのケアが大切です

乳歯が完成する3歳までのケアが大切です

乳歯は生後6ヶ月くらいから生えはじめます。歯が生えはじめたら、毎日のブラッシング習慣を身につけることが大切☆ 歯が生えそろうまでは、歯ブラシではなくガーゼなどで汚れを拭き取るようにケアを。乳歯が生えそろう1歳半から3歳ごろになったら、問題がなくても歯医者さんでブラッシング指導や食生活のチェックを受けて虫歯予防をしましょう!

親御さんの仕上げみがきで虫歯知らずに☆

親御さんの仕上げみがきで虫歯知らずに☆

お子さまは歯みがきがなかなか上手にできないので、親御さまの手助けが必要です。仕上げみがきをするときは、お子さまをひざの上に仰向けに寝かせ、くちびるを上下に開けて優しく歯をみがいてください。

8~9歳ごろまでは一人で上手にみがくことができません。親御さんが必ず仕上げみがきをしてあげてください。

歯医者さんを嫌いにならないために

歯医者さんを嫌いにならないために

定期検診やメインテナンスを行って歯の健康を保つためには、お子さまがすすんで通院できるように、歯医者嫌いにさせないようにしなくてはいけません。「こわい」「痛い」などのネガティブなイメージをもたせないためには、親御さまの接し方が大切なんです。

歯医者さんに行く前に気をつけたいポイント
「歯医者さん」という言葉で脅さないで! お子さまがご機嫌な時間帯にご来院を☆ ご来院前にウソをつかないで!
注意したり叱ったりするときに「歯医者さん」という言葉を出して脅さないでください。歯医者さん=こわいという印象を持たせてしまいます。 スムーズな治療ができるように、お子さまが比較的ご機嫌な時間帯を選んでご予約ください。 「見るだけだよ」「痛くないよ」などと先に言わないようにしてください。子どもにも心の準備が必要です。
来院してから気をつけたいポイント
ネガティブなイメージの言葉はやめて! つき添う親御さんもリラックスを☆
「痛い」「こわい」というイメージを与えないために、「痛くない?」「こわくないよ」といった言葉で励ますことはやめてください。明るくポジティブになれる言葉をかけてあげましょう! 親御さまが緊張していると、お子さまにも伝わってしまいます。ご来院のときは、まず親御さまがリラックスしてください♪
診療後に気をつけたいポイント
思いきり褒めて! うまくいかなくても叱らないで!
治療が終わったらとにかく思い切りほめてあげましょう! 小さなことでも「よくがんばったね」と褒めてあげるだけで、お子さまの自信や、つぎの診療への意欲につながります。 歯医者さん特有の雰囲気やにおい、音などが気になって泣きだしてしまうお子さまもいます。そんなときでも叱らずに、優しく接してあげてください。

生活習慣を見直しませんか?

お子さまを虫歯から守るためには、以下のような毎日の生活習慣に注意してみましょう。

Point☆1 ブラッシングの習慣を身につけましょう☆

Point☆1 ブラッシングの習慣を身につけましょう☆

ご飯の後にはブラッシングの習慣をしっかりと身につけましょう。子どものころからきちんとブラッシングをする習慣が身につけば、一生にわたってその習慣を続けることができます。

Point☆2 おやつは決まった時間に食べよう☆

Point☆2 おやつは決まった時間に食べよう☆

おやつをダラダラと食べ続けるなど、お口の中におやつがある時間が長いと虫歯になりやすくなります。おやつは時間を決めて食べるようにしましょう!

Point☆3 糖分は控えましょう☆

Point☆3 糖分は控えましょう☆

虫歯菌のエサとなる糖分はできるだけ控えるようにしましょう。チョコレートやキャラメルなどはとくに虫歯になりやすいので禁物です!

ワンポイントアドバイス☆

ワンポイントアドバイス☆

お口のトラブルによって歯を失ってしまった場合、代用品で補うことはできますが、二度と自分の歯を取り戻すことはできません。子どものころからのブラッシング習慣や、正しい食生活を身につけ歯科予防の意識を植えつけることが、お口にトラブルを招かないポイントです。子どものころからケア習慣や予防意識を身につけ、一生健康な歯で過ごせるようにしましょう!

なんで予防が大事なの?